「上手になりたい」は、私にとって「理解したい」ってことみたいです。

ゆめです。自分の願っていることを、きちんと把握するのって難しいですね。私が言葉にしたり自覚したりするの、苦手なだけなのかな。

20150719-001

上手になりたいです。PT組んで自分の役割果たしたいし、サポート仲間とピラ7,8とか私には無理だから、出来るようになりたいです。あとは、手伝ってもらうことは多くても、手伝えることって少ないから、手伝えるようになりたいです。今週の達人クエ、賢者でバズズは珍しくお手伝いできるケースだったから、とても楽しかったです。

タゲの練習したけれど、まだタゲ判断遅いです。壁スイッチは少しできるようになりました。敵のターンエンド行動の仕組みは理解しましたけど、敵のターンを読んだりはまだできないです。やみくもに頑張っても、上手にはならないですよね。もともとアクション要素のあるゲームは苦手なので、私自身の向き不向きもあるかも。

でも、フレさんたちが教えて育ててくれたから、一応ラズレンダで前衛・中衛(旅)・僧侶が出来るようになりました。出来るといっても、凄く上手い方たちがカバーして下さっているから、場に立っていられるので、まだ0.7人前くらいです。

ラズレンダは、どういう敵なのかを教えてもらい、それぞれの職で気をつけること・すること(役割)を教えてもらい、やって見せてもらい、一応理解しました。エンラージャのムッチ化は旅のたらいで治せるし、ヘルバトラーの魔蝕はキラポン必要だし、痛恨する敵なら会心Gしますよね。分かってはいても出来ないこと、例えばベルムドの死の突撃を避けようとして失敗するとかはあります。出来ないことはあるけど、私なりに理解するまで練習させて頂けたから、一応行けるのでしょうね。

「上手さ」はキリがないし、「強さ」もまたキリがないですね。練習や金策できる時間も人それぞれですし。でも、「理解する」ことなら、大成功品の装備買うことや、場数をたくさん踏めないケースと比べると、わりと手が届きやすいのかなって思うようになりました。

上手になりたいなって願い続けているのですけれど、別にいきなり達人になりたいわけではなくて、このゲームや各種ボスのことを「理解したい」ってことみたいです。

そう気づくのに、半年かかりました。

「上手さ・強さ」は、「理解」の向こうにあるのかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。