脇役の魅力、とくに大人たちが素敵。

ゆめです。音楽やフィールドはもちろん、足音や馬車の音等の効果音まで、丁寧に作られていますね。心地よい効果音は、心地よさを理解した方が作られているのでしょうし、音楽やフィールドの美しさもまた同じことが言えそうですね。歩いたり走ったり、他の冒険者さんとすれ違うだけで楽しいのは、こうした環境に支えられているのかもしれないなぁ。

20150910-a001

クエで出かけた場所なのです。ドラゴンキッズはもう少し乾燥した場所の方がいいのかな。スマイルリザードとか連れてくると喜びそうな場所ですね。モーモンも「癒される」とかふわふわしそうな気がします。滝の音が心地よくて綺麗な場所だなって対岸を見たら、キラーマシンがいてびっくり。キラーマシンも「快・不快」を判断できるくらい高性能なのか、防水仕様で「君、あそこ担当ね」って任されたのか、前者だって信じたいです。

20150910-a002

クエの途中にジュレを通ったら、ジュレのギルドの上をお月様が静かに移動していきました。ドラクエ10の中の時間は早く流れるから、月の動きも早いですね。

20150910-a003

エルフの方は、一人前の証を取るまでの期間に、ここで学んだことがあるのかもしれないですね。雨の日でも夏でも、四季を通して快適そうな美しい部屋だなって思いました。

ネタバレにならないよう、注意して書いてみますね。メギ外伝とヴェリ外伝を改めて体験して、やっぱり好きだなぁと思いました。メギもヴェリも語られなかった歴史が明らかになる物語ですね。どちらも主要人物の成長物語でもある。

プレイヤーがお使い(クエスト)頑張って助けているし、本人たちも努力しているのですけど、彼らの周囲に信頼できる大人が配置されているのがいいなぁと感じました。あまり押し付けがましくない表現で、「信じていいんだよ」って一貫して語られている気がします。

こんな部分に、私はドラクエ「らしさ」や、ドラクエの物語の温かさを感じるのでした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。