たくさん死んで、たくさん教わって思うこと。

ゆめです。上手な先輩に教えて頂けて嬉しいけれど、ああ悪いなぁって思うこともしばしばです。知らなくて出来ないこと、基本が身についていないこと、分かっていても出来ないこと、色々ですよね。

20150727-001

「下手だからあなたと遊びたくない」というのも有りだと思います。野良とかなら特に。その人がドラクエ10で何をしたいかは異なるから、イライラして初心者を傷つけたり、上級者が我慢してドラクエ10を楽しめないことは残念だから。

こんなことがありました

2.4の後期の頃だと思います。まだ宝珠なくて、ピラ9クリアできなかった頃(私は打たれ名人のおかげでピラ9行けるようになりました)、ピラ9でゆきどさんやフレさんと何度も死んで教えて頂いたことがあります。「今のはこういう理由で全滅したよ」「こういうパターンだよ」ってその都度教えてもらいました。「これは遊びで、死んで構わない」って言って貰えて気持ちが楽になりました。

その後、フレさんたちが「まだゆめちゃんピラ9クリアしてないんでしょ。燃える」って助けてくれて、勝たせて貰いました。全体の流れを覚えられたのは、ゆきどさんたちと沢山全滅して、死んで覚えるチャンス貰えたからですね。その時、一言もキツイこと言われませんでした。ゆきどさんだけでなく、チムの先輩もそうなのですけど、温和に教えてくださる他に、人格否定したり、説教したりせずに、分かってない子に分かるように話してくれます。私もいつか教える立場になれたら、言葉を選べる人になりたいです。

忘れたくないこと

ピリピリしたり無理して我慢する感じって伝わるので、余裕が無い時は、教える相手を萎縮させてしまうから、「また今度」とか「今日なら平気よ」っていうのも大事ですね。教わる側として、先輩に我慢させてしまってるって感じる時は、すごく申し訳ないです。

何が分からないのか分かっていないところからスタートするので、「これはこういう理由でこうするんだよ」って、理由とセットで教えてもらうと理解しやすいです。例えば三悪魔でブレス装備つけていても心頭滅却は大事ですよね。かといって、頻繁に死ぬなら、その都度滅却入れていると攻撃する手数が減るので、「死んだら滅却無しで行こうか」って理由とセットで教えて貰いました。

考えてみると、今は「試練のおろち怖いね」って通っていますけど、最初はエレメンでロスアタしか出来ない子だったのに、実質三人討伐で先輩たち連れて行って下さったんですね。どの敵の何が危ないのかも、みんな教えて頂きました。本当に何も分かっていなかったから、三人討伐してもらったり、負担をかけていることも分かりませんでした。エレメンでロスアタするのが精一杯で周囲が見えなかったのでしょうね。

今は、エレメンまでなら、三人討伐できるようになりました。だからあの時、先輩たちがやりくりして下さったこと、「この子分かってないから」と許して下さったこと、今はわかります。私下手だけど、チーム加入時よりはマシになっているので、数年続けている先輩たちが、その都度引き上げて下さったのですね。明らかに出来ないことではなくて、出来る事をさせて見守って下さった。一緒に遊びながら。「上手になったら混ぜてあげる」ではなくて、「今できることでいいよ」って。こうして育てて頂いたから、私も、例えば試練のLv上げお手伝いとかとても好きです。試練に限らず、三人討伐で私が役に立てるなら、「やったー」って思うし。

どう育てて頂いたか、どう育てて頂いているかの他に、今もそうだけど、下手な子はどんなことで気を使ったり萎縮するのかも、分かるつもりです。この感覚や記憶を、今より少しでも進歩出来たとしても、忘れたくないなと思うのです。

PSのさらに先にあるもの

PSと、初心者や後輩に教えるスキル(理解したことを、理解していない人に分かるように伝える技術)は別のスキルですね。とはいえ。理解しないと教えるの難しいですから、私にとっては、理解したことを相手に分かるように伝える技術って、PS獲得の向こうにある感じがします。

教えたことを出来ないというかテンパってしまう子なら、「じゃあ、それとそれはしなくていいから、ここに絞ろう」って調節して上げたりも必要ですよね。また、いつも三人討伐できるわけではないので、その人が自力で戦えるようになる武器になることも、手渡したい。先輩たちは、こういうことをしてくださったし、今もしてくれてるんだなって思います。凄いなぁ、真似できないです。

私の腕だと、教えるというよりは、先輩たちにこう教わったよ、一緒に上手になろうねって状態です。それでもチーム加入時と比べたらマシになっているので、少しだけど出来る事増えたなって思います。いつか、教えられるようになったら、私の先輩たちみたいに、教えられる人になりたいです。その時、今の下手な状態、もっと下手だった時の気持ちも、忘れずにいられたら、なおいいですね。

コメント

  1. ごぼうちん より:

    あまり偉そうな事言えない私ですが、ゆめちゃんうまい人真似しすぎて死んでるような気がする。明らかにタゲなのに即死範囲で立ち回ろうとしたり、逆に敵を見すぎて何もしてなかったりと。『うまい人』と神様を見るように崇めるのでは無くて、役割に応じて身の丈にあった自分らしさを作っても良いと思います。キャラの基本スペックは私よりも高いので自信もってね!

    • ゆめ より:

      ごぼさんおはようございます。
      自分では自覚ないのですけど、そうかもしれないですね。私も役割果たせるようになりたいのですけれど、「最低限これは行おう」「上手な方はこれもできる」って線引がよく分かっていないのと、タゲ判断がおかしいのが課題ですね><
      がんばりますっ

    • ごぼうちん より:

      後衛やってる事が多いから、怒られたら逃げる、崩れた時の壁以外は近寄らない。とかで良いかと思う。私賢者、ゆめちゃん魔か僧の時、私が蘇生と回復ばかりやる事がたまに有ります。『うまい人』という話の前に、『こうやれば死なない!』を自分なりに習得しても良いと思います。
      (偉そうでごめん)

    • ゆめ より:

      ごぼさんこんにちは。
      いえいえ、偉そうだなんて感じないですよ。頼りにしてるリーダーだし。
      僧侶はまだしも魔は死なないようにするの難しいですよね。でも、課題を分かりやすくして下さってありがとうございます。練習してみますね。

  2. ベグ より:

    成熟してきましたね!
    いまの野良はわからないけど、野良のぎすぎすした緊張感も成長にはいいよ。むかしは、一戦して無言抜けする僧侶とかいたよ。
    タゲ判別は敵の挙動と仲間もみてね。タゲわかる仲間たちと一緒なら、仲間が逃げなかったら自分がタゲだからね!いろいろな情報を組み合わせて判断するんだよ。がんば!

    • ゆめ より:

      ベグさんこんにちは。
      野良は経験少ないので、昔のことも含めてお聞かせて頂けてとても嬉しいです。
      当たり前のことを出来るようにして、少しずつ野良も行ってみますね。

      タゲ判断については、敵しか見ていませんでした! やってみます。
      ご親切ありがとうございますm(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。