大好きラズレンダ♪

ゆめです。チムメンとPT組んで、ラズレンダに行くのが好きです。「ラズレンダの時間だよー」とか「ラズレンダいかない?」って声かけてくれるフレさんがいるので、タイミングが合うと連れてって貰えます。僧侶上手な先輩に他の職やって頂いて、僧侶ばかりしています。ラズバーンでうっかり死んだりする下手な僧侶ですけれど、魔女の僧侶も出来るようになりました。下手なりに、少し成長していますね。

20150630-a005

タゲも敵のターンも分からない子でも、ラズレンダで僧侶できる件タゲも敵のターンも分からない子でも、ラズレンダで僧侶できる件
↑この記事は、これの続きです。

どやがおおじさん珍道中 - 【ドラクエ10】ラズレンダボスひとくち攻略【攻略】どやがおおじさん珍道中 – 【ドラクエ10】ラズレンダボスひとくち攻略【攻略】
ヘルバトラーまでは、スーさんのこの記事が親切ですね。
ただいま、後輩が旅でヘルバトまで回れるようになっているので、頼もしいです♪

討伐数振り返り

  • 32 匹 魔女グレイツェル強
  • 56 匹 ヘルバトラー強
  • 73 匹 破戒王ベルムド影
  • 73 匹 破戒王ベルムド強
  • 127 匹 魔人エンラージャ強

32日以上は通っている計算になりますね。一日に2回魔女行った日は無いと思うので。ヘルバトは数回サポート仲間で倒しましたけれど、ほぼPT組んでいます。ベルムドはラズレンダ行けない日に自分で通ったのと、サポート仲間で倒せると知ってから時々練習していますね。エンラージャは、チムでラズレンダに行く前から倒していたので、討伐数多いです。

僧侶として

戦士戦士旅僧侶、踊り踊り旅僧侶、のようにザオ2で行けるし、踊り入りの場合は蘇り節もあったりするので、万一私がやらかしても、カバーしてもらえるので、安心して練習させて頂いています。

私は前衛下手くそなので、全体が見える僧侶で、回復しつつターンを貯めて、仲間が何をしているか見て覚えます。私はタゲ判断遅いので、回復飛ばすのも遅いです。ゆめちゃん連れてくより、サポ僧侶の方がいいよーって言われずに、育てて貰えるのありがたいです。

回復の速度だけならサポート仲間の方が優秀です。でも、優先順位考えたり、無駄を省いたりするのは、人間の方が有利ですよね。だから、下手なりに何ができるか試行錯誤しています。

各ボスの印象

詳しい記事はスーさんのblogをはじめ、攻略サイトあるので、ざっくり短く書いてみます。

ラズバーン

痛恨と状態異常を警戒します。

対策としては、会心G入れて、戦士・バト・踊り子等に聖女かけて、痛恨対策します。キラポンはまかなくても、お供を倒す速度が早ければ麻痺や呪いを貰わずにすみます。

右手左手

アクアカイザー(即死&小範囲)・たたきつぶし・両手にタゲられることを警戒します。

アクアカイザーは、短剣150のおたけびなどでほぼキャンセルできます。キャンセルしきれない分は、聖女で対応できます。たたきつぶしは回避、両手に一人を攻撃されると死者が出るので、スクルトを二段入れて保険にします。

エンラージャ

痛恨とムッチ化(同士討ち、ボスの強化、味方の行動不能)を警戒します。

お供のムッチが痛恨持ちで、エンラージャを応援して魔力覚醒状態にします。短剣でエンラージャを寝かせて、ムッチを倒すと、被害が最小になるかも。仲間がムッチ化されたら、旅は「エンドオブシーン(たらい)」で回復できます。旅以外は、おたけび入れて同士討ちを止めるといいかも。

ベルムド

ベルムド影の「死の突撃」を警戒します。

自分に聖女、仲間も死者が続くようなら聖女入れます。死の突撃で狙われなくても、味方が逃げる方にベルムド影は向くので、ひっかけられる事故がたまに起きます。怖いのは黒い方だけ。

ジャーミィ&バーティ

爆弾による即死と状態異常、自己強化(バイキ)による多段攻撃を警戒します。

たまに全滅事故があります。爆弾を見落として複数人死ぬとか、呪い・幻惑・毒を一度に数人受けると、立て直し厳しいです。段取りとしては、魔の暴走ラリホーか短剣で赤を寝かせて、黄色から落とします。自己バイキして大きくなるので、GFや零の洗礼があると安定しますね。僧侶としては、早い段階でスクルトを二段入れることと、ターンに余裕があれば、前衛にキラポン入れておくと保険になります。

視野に爆弾をちゃんと入れられれば、負けないです。

ヘルバトラー

魔蝕とあくま神官の自爆を警戒します。

前衛で行ったら、あくま神官出たら相手が行動する前に倒すといいですね。僧侶の場合は、キラポン配りと回復のバランスが大事です。段取りさえ分かっていれば、ベルムド・爆弾兎等よりも事故は起きにくいです。

魔女

こちらの回復量スレスレの攻撃をしかけてくるので、「2F落とす」「魔女を分裂させずに落とす」「ハートボイルドを落とす」と、3つの山場があると理解しています。

耐性は、ここだけは即死踊り必須です。

2Fは魔法で落とすより、短剣踊り子で走ってスリープダガーで寝かせた方が、早く黙らせることができます。フィールドが広くてマラーが届かないので、回復したい側に寄る必要があります。ベホイムの方が遠くまで届くので、逆側の味方にはベホイム投げて様子を見ます。

2Fが静かになったら、聖女やスクルトなどのバフを入れて、ハートボイルドの出現に備えます。魔女が3体になったら、攻撃苛烈なので、蘇生しつつ回復する必要があります。

終わりに

メモを見ながら戦っていたのですけど、通い慣れてメモを見なくても必要なことができるようになり、余裕が生まれました。

試練のエレメンなら「青ピンク赤」を落とせば、ほぼ勝ち確定ですよね。そういう、「これは勝てる」っていう感触が、それぞれのボスにあって、通ううちになんとなく分かってきました。

中衛の旅は臨機応変に動くから忙しいし、前衛は敵の近くにいるから、後衛ほど全体見えないですよね。僧侶は忙しい時もあるけれど、余計なことしないでターンためる時もあるので、全体を見やすいのが魅力です。

まだまだ下手ですけれど、ラズレンダに行く上での注意点をもらって、たくさん失敗して、少しずつ覚えたことが増えてきました。とても、楽しいです。ラズレンダも、僧侶も。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。