苦手だった範囲攻撃を、少しだけ回避できるようになりました♪

ゆめです。痛恨に対応する「会心G」があるのだから、闇のいなずまを用の傘とか欲しいなぁ。って、傘持ったら避雷針みたいな感じで、ダメージ1.5倍とかになりそう。う、うん。避けた方が良さそうですね。

20150707-a001

強戦士の書で一番苦手なボス

強いのは一杯います。オーレン強には強ボスの洗礼受けましたし。一切理解しないで行ったから、85職3人居ても負けましたね。たぶんカンタと痛恨の対応が出来なかったのだと思います。

タゲ判断が甘くて、敵のターンもまだ把握できない私にとっては、バサグランデが一番苦手なボスでした。ツッコミ避けの練習をしにパラで通ってるうちに、なんとなく慣れました。

  • 通常攻撃→ぶたれる
  • ビームみたいなの→技名が表示されたら横に避ける
  • ハゲオタ→100%受ける
  • 闇のいなずま→100%受ける

練習前はこんな感じでした。通常攻撃は、タゲ判断が甘いので、「私に向かって歩いて来てる」って気がつければ、仲間に引っ掛けてターンエンド行動を待ちます。でも、出来ること少ないですね。よく殴られています。

ビームみたいのは回避しやすいから、横に避けます。

ベルムドに行った帰りなので、「歌150踊り2人・短剣150旅・僧侶」という構成です。僧侶は自然に下がってくれるけれど、サポート仲間の踊り・旅は適度に散らばりつつ暴君の前をうろちょろします。ハゲオタは分からないけど、闇のいなずまは回避しようとして間に合わない感じですね、サポート仲間たち。

攻撃しつつ、少し離れるようにしていたら、バサグランデが歩くのをやめてその場にとどまっているのに気がつける機会が増えました。立ち止まってると気づけたら、もう少し下がっておくと、「ハゲオタ」「闇のいなずま」と表示されても、普通に走って逃げられますね。今まで逃げられなかったから、予兆を拾えるようになって嬉しいです。

敵の行動で、最初は気づけなかったけど、見えるようになったことってありますか?

コメント

  1. らき より:

    まだ現地に走ってボスと戦ってた頃、僧はわざとハゲオタ食らいに行ってたんだよね~。コビンがぶ飲みもなかったから、マホトラ衣してmp回復は重要だった。僧はハゲオタなら近づく、稲妻なら離れるって感じで、やってましたよ(^-^)v私はビームも食らいに行ってmp回復してたな~

    • ゆめ より:

      らきさんこんばんわー。
      マホトラ衣で回復に使っていたのですか! その時代を経験してきている方は、みんな上手な気がします^^ まったく知らなかったので、お話を伺えて嬉しいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。